事業を継続させるために!BCP対策の重要性について

どんな時にBCP対策は必要なのか

地震や津波などの自然災害、事故など予測できない緊急事態で取る施策のことをBCP対策といいます。事故による被害を抑えて、企業の運営や重要業務を滞らせないために必要な指針です。事故や災害によって業務がストップした場合、企業が信頼を失ったり、顧客が流失してしまう可能性があるためBCP対策によってリスクヘッジをすることは企業によって重要な取り組みです。BCP対策の範囲はとても広く緊急の事態が発生した場合に行動できるチームを設立したり、インフラや企業資源を確保することなどが含まれます。

BCP対策の分散化とは何か

BCP対策として代表的なものに分散化があります。事故や災害が発生した際にインフラや地域への影響を減らすために、基幹となるシステムや業務拠点をいくつかの地域に分散させる対策です。分散化ができれば一部の地域で問題が発生した場合も、在庫や社内のシステムといった資源を違う拠点から確保することが可能になり、業務をストップさせずに企業が活動できるようになります。分散する場所を確保したり、基幹システムを準備するなどランニングコストが必要となるため、分散先はしっかり選定することが大事です。

分散化で必要なコストを減らすための対策として、代替手段を準備する方法があります。たとえば停電のトラブルに備えて、自家発電装置を準備しておくのが代替手段です。このような設備を準備するためには初期投資が必要ですが、分散化で必要な二重コストを減らせるのがメリットになっています。

BCP対策とは、阪神淡路大震災級の災害に遭った際でもビジネスを続行出来るマニュアルのことです。かつては大企業だけが作成していましたが、今や中小企業にとっても必須となりつつあります。