デザイン業界では必須!?CADとは何なのか

コンピューターとデザインの融合のこと

CADというのは、Computer Aided Designの頭文字を取った言葉です。意味は、元となる英文を読めば分かることでしょう。そのまま、コンピューターを使ってデザインをしていくことを指しています。また、そのためのソフトウェアを指すこともありますね。

従来は、製図と言うと大きな紙に鉛筆や定規を使って書いていくしかありませんでした。しかし、コンピューターが発達して誰もがパソコンに触れられるようになりました。パソコンソフトを使えば、わざわざ定規や鉛筆を使わずとも製図がしていけるのです。

イラストをデジタルで描くのと同じで、こちらの方が色々と便利なのですね。手書きではできない便利なことがたくさんできるので、もはやプロのデザインの世界ではなくてはならない存在になっています。

住宅デザインから建築設計、さらには自動車の設計なども、すべてこのCADを使ってやっていくのが当たり前の時代に突入しています。CADが使えないと仕事ができないというレベルにまでなってきているのです。

CADを使わないとできないこととは

手書きの製図は、サイズを変更したりということがなかなかできません。一回作ってしまうと修正も難しいです。ですが、CADの場合はそうした細かい修正や変更までワンタッチでできてしまいます。線の付け足しも自由自在にできるので、非常に作業がしやすいです。

コンピューターが色々とアシストをしてくれることもあります。たとえば、回転や縮小もそうです。特に回転は使い勝手がいいものとなりますよね。自分の作ったデザインを様々な角度から物のように眺められるので、修正点がどこにあるのかも瞬時に把握することができます。

水道CADとは、水道の配管や申請にかかる書類をデータベースで作成するものです。それによって、設置作業における効率を飛躍的に高めることが可能です。