蛍光灯のように待たないよ!光の調節もお手の物!

真っ暗な時もすぐに光が得られる

一人暮らしをしている人は、自宅に帰ると真っ暗な状態かもしれません。寂しくなるのでできるだけ早く照明をつけようとします。白熱電球はすぐに点灯してくれますが、蛍光灯はすぐには付きません。蛍光灯は点灯管と呼ばれる装置があり、そちらを通してやっとつきます。寒い時期になると30秒ぐらい待たないとつかないときもあります。この30秒が結構長く感じます。LEDは点灯管などを通じてつくわけではありません。白熱電球同様に、電流が流れればすぐについてくれます。自宅から帰ったときに真っ暗で寂しいですが、すぐについてくれます。天井にとりつけるシーリングライトも原理は同じなので、すぐについてくれます。冬などに待たされなくて済むようになります。

明るさを調節できるタイプがある

照明器具では、なかなか明るさの調節が難しくなっていました。白熱電球で明るさを変えたいとき、電球を交換したりする必要がありました。明るくしたいなら100ワットなどを使い、暗くしたいなら30ワットなどに交換が必要です。蛍光灯は複数取付けて置き、つける数で明るさの調節をします。2つつければ明るくなり、1つだけなら暗くなりました。LEDによる照明では、もっと簡単に調節が可能です。シーリングタイプなら、リモコンで微妙なコントロールができます。明るくしたり暗くしたりだけでなく、昼白色から電球色への変更もできます。くつろぐとき、食事をするとき、就寝前などそれぞれに適した照明にできるので、より生活に合わせやすくなります。

LEDライトパネルは広告などを鮮明に表示している広告の裏側からライトを照らしているパネルで展示会や店舗の内装に最適となっています。