管理出来なくなったお墓はどうする?墓じまいする前に知っておきたいこと

墓じまいはなぜ起きるのか

墓じまいになる前は誰も来ない状態となり、手入れもしなくなるのでお墓周辺は雑草だらけになっていきます。なぜお墓参りに誰も来なくなってしまうかというと、一番多いのが今まで墓参りしていたご子孫が高齢化となり、お墓参りに来れなくなったり管理費を払えなくなることが原因にあげられます。また遠くへ引っ越したがためにお墓参りができなくなり、やむ得なく墓じまいにしていくこともあります。

墓じまいした後の遺骨はどうなるのか

遺骨はどうなるかというとほとんどの場合は無縁仏となり永代供養として合祀していきます。お墓が放置されて強制的に墓じまいとなる場合は管理事務所が負担します。それ以外の場合は最初に費用がかかりますが、その後は永代供養となるため管理費はかからないのが一般的です。散骨を希望する家族もおり、海に散骨したり最近ではロケットで飛ばして宇宙に散骨できるようになってきています。

納骨堂に移転するなら改葬許可証が必要

お墓の管理が出来なくなり墓じまいをすることが決まったら、早めに改葬許可の手続きをする必要があります。納骨証明書は現在の管理人から、永代供養許可証は移転先の管理人が発行してくれます。各市町村の役場に行くと改葬許可申請書があるので記入し、書類を役場に提出すると改葬許可証を発行してもらえます。改葬許可証は納骨堂に移転するときや永代供養するときに必要となります。散骨を希望する場合は必要はありません。事情があって墓じまいすることになりそうなときは、早めに親戚や家族と話し合い管理事務所へ相談するとスムーズに行えます。

墓じまいの費用には、具体的に以下の費用がかかります。まずは古いお墓の解体撤去、離檀料、閉眼供養です。新しいお墓へ引っ越す際にはその建墓費用や納骨法要の費用、またこれらの手続き代行費用などが加わります。