スチレンボードのメリットときれいな看板をつくるときのコツ

スチレンボードの特徴は

スチレンボードとは発泡スチロールでつくられたボード素材のことです。ボードの厚みは3mm、5mm、7mmがあり、コスト重視なら3mm、頑丈さを優先するなら7mmとある使用する用途や優先することを考慮して選ぶようにしてください。また、厚さの他に片面だけに粘着剤がついているもの、両面に粘着剤があるもの、粘着剤がないプレーンタイプなどがあります。

スチレンボードのメリット

スチレンボードは木製のボードと比較するとさまざまなメリットがあります。

その1つが軽いということです。発泡スチロールでできているので木製よりも軽いので持ち運びの負担が軽くなります。ただし軽さゆえに屋外においておくと強い風で飛ばされることがあるので注意してください。

2つ目は「加工しやすい」ということです。スチレンボードは発泡スチロール製ゆえに、カッターやノリなどの身近のものを使用するだけで梱包素材や看板などさまざまなものをつくることができます。

看板をつくってみよう

スチレンボードで看板をつくるには、看板の大きさに合わせてカットするところからはじまります。カッターナイフだけでもできますが、電熱カッターなどがあるとゴミが出なくなるのでオススメです。

看板の大きさにカットしましたら今度は看板の印刷物をスチレンボードに貼り付けます。印刷物はボードに密着させずに少し浮かせた状態にして、少しずつゆっくりと接着するようにしてください。また貼りつけるときは中央から外側にむけて貼るとシワがなくきれいに貼り付けることができます。

スチレンボードはポリスチレンを使用した板状の断熱材に強度を持たせたもののことを言います。屋内用看板の材料として使われています。