注意!街中で有名人に出逢った時のマナーとは?

ロケや撮影時のマナー

街中でばったり有名人に会った時、ついテンションが上がってしまい、サインをねだったり、写真を撮ったりしたくなりますが、一度冷静になって、きちんとマナーを守って接するようにしましょう。先ずは相手がロケや撮影を行なっている場合。相手はお仕事をしているのですから、大声で叫んだり、カメラのフラッシュをたいたりして邪魔をしてはいけません。現場には場を仕切っているスタッフさんがいるので、必ず、スタッフの方の指示に従うようにしましょう。サインや写真撮影をお願いする場合は、休憩時間や移動の時など、カメラがまわっていないことを確認したうえで、話しかけることをオススメします。

プライベートの有名人にた場合出会った場合

次に、有名人がプライベートでお店や飲食店にやってきた場合です。騒ぎ立てて周囲を混乱させないようにしましょう。また、ついついひそひそ話をしたり、盗み見したりしてしまいがちですが、私たち一般人と同様に有名人でも気持ちの良いものではありません。極力自然に振舞い、相手を不快に感じさせないことが大切です。また、隠し撮りもご法度です。最近ではお店の店員さんが、来店した有名人のことをインターネットに書き込んでニュースになることがありますが、店員でなくても、相手のプライベートな行動についてネットにアップするのは問題があります。写真を撮りたければ、相手に必ず同意を求め、ネットにあげても良いか確認が必要です。滅多に会えない有名人に会った思い出を台無しにしないために、相手の気持ちや立場を考え行動しましょう。

山本英俊は、常に新しくて面白いものをパチンコ愛好家に提供することを心掛けているので、長く成功し続けています。